このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【脱サラ 起業 準備】起業して経営者になるとどうなる?
Share on Facebook

札幌で脱サラ 起業を支援している購買サポートセンターの宇山です。起業セミナーや起業コーチングによって、起業の基礎知識をわかりやすく伝えることをモットーにしています。

起業にご興味ある方はこちらもご覧ください。

脱サラして起業した場合、サラリーマン時代の特権はすべてなくなります。

1.労働基準法

経営者なので、労働基準法は関係ありません。朝でも夜でも、一日24時間必要がある場合は働かなくてはなりません。最低賃金も時給も関係ありません。売上がなければゼロです。

2.雇用保険

経営者に雇用保険はありません。売上不振で会社をたたんでも、失業保険は支給されません。

3.年金

経営者は自分の年金を払う他、従業員を雇った場合は、年金や雇用保険を負担しなくてはなりません。

4.業務の責任

会社の業務に関する責任は経営者にあります。事故を起こした場合は損害賠償などを対応しなくてはならない場合もあります。

いかがでしょうか。経営者になると、サラリーマンに比べてなんとなく楽になりそうだと思っている人もいるかもしれませんが、サラリーマンに比べると責任重大になるのが経営者です。その点をよく理解した上で脱サラ起業を考えるべきでしょう。

最後までお読みいただきまして感謝します。

——————————–

「起業したいんですがなにから始めればいいでしょうか…?」

そんなあなたが起業の第一歩を踏み出せる

脱サラ起業支援プログラム「起業小学校」

購買サポートセンターの脱サラ起業支援サービスは、コーチングやコンサルティングの手法を活用して、あなたの夢が実現するまでど真剣にサポートします。

北海道札幌の起業コンサルタントが起業 相談に対応します。初回メール相談は無料です。お気軽にご連絡ください。

起業相談はこちらから→http://kigyo-support.supportx.jp/contact/