このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【脱サラ 起業 準備】従業員と経営者の最大の違いとは?(その2)
Share on Facebook

札幌で脱サラ 起業を支援している購買サポートセンターの宇山です。起業セミナーや起業コーチングによって、起業の基礎知識をわかりやすく伝えることをモットーにしています。

起業にご興味ある方はこちらもご覧ください。

会社勤めしている人が起業を考える大きな理由に、経営者は自由だということが挙げられるでしょう。

確かに、成功している経営者は、事業内容はもちろんのこと、働き方や付き合う人間関係まで、自分の好きなように見えます。

それに比べると、会社でサラリーマンとして働いていることが馬鹿らしくなるかもしれません。

「もう上司や部下との間で人間関係に悩むのはこりごりだ。今の仕事にも実績があるし、起業して自由になりたい!」

そう考えて脱サラする人も多くいると思います。

実際のところ、私もそう思って脱サラ起業しました。

大学卒業後に勤めた会社で15年以上働いた後に起業した最大の理由は、自分の力を活かして自由に働きたいというものでした。

そのことは起業することで達成できました。

しかしながら、ある重大なポイントを見逃していました。

その一つは、サラリーマンは守られている存在であるということです。

「守られているなんて、全然そんなことないよ。ストレスだらけで毎日死にそうなんだけど…」

あなたはそう思っているかもしれません。でも、冷静に考えてみると、いろいろな面で守られているのです。

次回ではサラリーマンが守られている具体的な点について考えてみましょう。

——————————–

「営業も新規事業も経験ないのですが…?」

そんなあなたが起業の第一歩を踏み出せる

脱サラ起業支援プログラム「起業小学校」

購買サポートセンターの脱サラ起業支援サービスは、コーチングやコンサルティングの手法を活用して、あなたの夢が実現するまでど真剣にサポートします。

北海道札幌の起業コンサルタントが起業 相談に対応します。初回メール相談は無料です。お気軽にご連絡ください。

起業相談はこちらから→http://kigyo-support.supportx.jp/contact/