このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【脱サラ 起業】あなたの起業が成功か失敗か左右する方程式とは?(その4)
Share on Facebook

札幌で脱サラ 起業を支援している購買サポートセンターの宇山です。起業セミナーや起業コーチングによって、起業の基礎知識をわかりやすく伝えることをモットーにしています。

起業にご興味ある方はこちらもご覧ください。

起業の成功方程式というテーマについての第4回です。

起業の成功を測定する方程式は次のようなものでした。

①(売上)-②(費用)=(利益)>0 

売上に対してかかった費用を引いたものがプラスになれば起業は成功です。もしマイナスになれば赤字ということになります。赤字がいつまでも続くと、キャッシュがなくなり、倒産ということになります。

さて、今回は①(売上)についてもう少し因数分解してみたいと思います。

売上を構成する計算式は次の通りです。

①(売上)=a(    )×b(    )

このカッコにはどんな言葉が入るでしょうか?

a(    )は顧客数です。

b(    )は客単価です。

①(売上)=a(顧客数)×b(客単価)

お客さんの数をどうやって確保するのかが起業計画の第一歩になります。顧客あたりの単価がいくらになるのかによって、売上の金額が決まります。

起業をするのであれば、この計算式をしっかりと作らなくてはなりません。

次回に続きます。

最後までお読みいただきまして感謝します。

——————————–

「起業したいんですがなにから始めればいいでしょうか…?」

そんなあなたが起業の第一歩を踏み出せる

脱サラ起業支援プログラム「起業小学校」

購買サポートセンターの脱サラ起業支援サービスは、コーチングやコンサルティングの手法を活用して、あなたの夢が実現するまでど真剣にサポートします。

北海道札幌の起業コンサルタントが起業 相談に対応します。初回メール相談は無料です。お気軽にご連絡ください。

起業相談はこちらから→http://kigyo-support.supportx.jp/contact/