このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【脱サラ 起業】あなたの起業が成功か失敗か左右する方程式とは?(その2)
Share on Facebook

札幌で脱サラ 起業を支援している購買サポートセンターの宇山です。起業セミナーや起業コーチングによって、起業の基礎知識をわかりやすく伝えることをモットーにしています。

起業にご興味ある方はこちらもご覧ください。

起業の成功方程式というテーマについての第2回です。

前回は、起業した結果が成功か失敗かを正確に測定する方程式についてご紹介し

その方程式は次の通りです。

①(    )-②(    )=(    )>0   

さて、カッコの中に入る言葉はなんでしょうか?

どうでしょうか?起業を考えている人はわかったでしょうか?

答は次の通りです。

①(売上)-②(費用)=(利益)>0 

になれば、起業成功です。

①(売上)-②(費用)=(利益)<0

となれば、赤字なので、成功したとは言えません。

起業当初は、様々な理由で赤字が続く場合もありますが、赤字が続いてキャッシュが回らなくなれば、倒産です。

起業に失敗したことになります。

脱サラして起業を考える場合、自分の事業がこの方程式をプラスにできるかを計画しなくてはなりません。

「そうは言っても、起業するのは始めてだし、やってみないとわからないよ…」

そう思う人もいるでしょう。

そんなあなたに忠告します。

今はまだ起業するリスクをとらないことをお勧めします。

次回からは、この方程式の各項目の計算式についてご説明します。

最後までお読みいただきまして感謝します。

——————————–

「起業したいんですがなにから始めればいいでしょうか…?」

そんなあなたが起業の第一歩を踏み出せる

脱サラ起業支援プログラム「起業小学校」

購買サポートセンターの脱サラ起業支援サービスは、コーチングやコンサルティングの手法を活用して、あなたの夢が実現するまでど真剣にサポートします。

北海道札幌の起業コンサルタントが起業 相談に対応します。初回メール相談は無料です。お気軽にご連絡ください。

起業相談はこちらから→http://kigyo-support.supportx.jp/contact/