このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【サラリーマン起業のワナ 起業 相談】経験があれば脱サラ起業で成功できる?
Share on Facebook

札幌で脱サラ起業成功を応援している起業サポーターの宇山です。

今回は、「経験があれば脱サラ起業して成功できるか」というテーマについて考えてみたいと思います。

サラリーマンとして組織の中で豊富な経験を積んだビジネスパーソンは、「独立しても充分やれるんじゃないか?」と思うことがあるはずです。

特に、新規事業を立ち上げて軌道に乗せたり、セールスでトップの成績を収めたりという経験を持っている場合、稼ぐということに直結しているため、独立起業の成功確率が高まるのは確かでしょう。

ところが、ここに大きな落とし穴があります。

一言で言うと、組織の中の経験というものは、限定された分野の経験であるということです。

「そんなことはないよ。俺は独立した子会社を立ち上げて、商品開発からマーケティングやセールスまで、全部自分でやったんだ。独立起業するのと一緒じゃないか」

という風に思う方もいるでしょう。確かに、新規事業の立ち上げは、独立起業するのと似ていますので、うまくいきそうです。

しかし、注意が必要なことは、その新規事業は会社の信用をベースに行われて成功したという点です。

例えば資金調達です。新規事業と言っても、会社で資金は準備してくれたはずです。仮に銀行から借り入れた場合でも、会社の長年の信用を元に銀行は融資の判断をします。

これが個人で独立した場合は、銀行がいきなり多額の融資をしてくれる可能性はかなり低いと考えたほうが無難です。

また、仕入れをする際やリースを使う場合も、会社の信用が効いてきます。こちらも個人で独立した場合は、現金仕入れだったり、リースが組めない場合もあるでしょう。

また、会社にいると目に見えない部分で分業化が行われています。営業や商品開発だけでなく、人事、経理、総務、法務などいう部門にも優秀な専門家がいるはずです。

脱サラして独立起業した場合、その会社はまったく知名度がありませんから、すぐに優秀なスタッフが採用できる可能性は低いでしょう。

つまり、自分の経験がある分野だけでなく、経営に必要なありとあらゆる分野に対して、脱サラ起業した場合には目を向ける必要性があります。

単に経験があるだけでなく、しっかりと事業計画を組んで、それを実行していく経営力が、独立起業には求められます。その点をしっかりと認識する必要があると言えるでしょう。

こちらもご覧ください
「営業も新規事業も経験ないのですが…?」
そんなあなたが起業の第一歩を踏み出せる
脱サラ起業支援プログラム「起業小学校」

【注目!】「コンサルタントになる方法」を【完全無料】でプレゼントします



北海道札幌の起業コンサルタントが起業 相談に対応します。初回メール相談は無料です。お気軽にご連絡ください。

起業相談はこちらから→http://kigyo-support.supportx.jp/contact/