このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【サラリーマン起業のワナ 起業 相談】ワクワクすることで脱サラ起業すれば成功できる?
Share on Facebook

札幌で脱サラ起業成功を応援している起業サポーターの宇山です。

今回は、「ワクワクするから脱サラ起業して成功できるか」というテーマについて考えてみたいと思います。

サラリーマンから独立起業する場合、自分の好きなことをビジネスにしたいと考える人もいます。

上司にガミガミ言われながら仕事をしても、モチベーションが下がる一方ですよね。であれば、自分がワクワクすることを仕事にすれば、高いモチベーションで成果も上がるだろう、という理由から起業するのも一つの方法です。

自分がワクワクすることで起業する最大のメリットは、そのビジネスを継続しやすいという点にあります。

自分が好きなことですから、当然興味もありますし、情報収集や創意工夫も苦になりません。なので、提供する商品のレベルも自然と上がることになります。

その結果として、お客さんの満足度が高まることにつながれば、ビジネスとしても成功するでしょう。

今の社会では個人の好みも多様化しており、画一的な商品は価値が下がっています。自分の好きなことで起業した場合、お客さん目線で考えた商品を提供できれば、付加価値の高い商品となるかもしれません。

ところが、自分の好きなこと、ワクワクすることで起業する場合にも注意点があります。

それはなんでしょうか。

起業するということは、ビジネスをするということです。趣味の延長ではありません。いかに自分が良いと思った商品でも、お金を払ってくれるお客さんに価値を認めてもらえないとビジネスにはなりません。

例えば、パンを作るのが趣味で、パンを作っているとワクワクして食事するのも忘れてしまうという人がいるとします。この人が、これまでにない、材料と製法にこだわったパンを売れば成功できるだろうと思って起業します。

こだわりのパンなので、材料費も高く、手間もよけいにかかっています。なので、価格も普通のパンに比べるとかなり高めです。

その一方、パンのできばえには自信たっぷりです。

「これならお客さんも大満足してくれるはずだ」

そう思って、ワクワクしながら店を開きます。

ところが、予想に反してなかなか売上は伸びません。

大多数のお客さんにとっては、こだわりの価値が理解できず、単に価格の高いパンという風にしか理解できなかったのです。

起業して自分でビジネスをする場合、マーケティングやセールスを通じて、お客さんになってもらいたい人に、商品の価値を理解してもらわなくてはなりません。

自分がワクワクするだけでなく、お客さんにもワクワクしてもらうための仕組み作りがないと、脱サラ起業しても成功する可能性は低いと言えるでしょう。

こちらもご覧ください
「営業も新規事業も経験ないのですが…?」
そんなあなたが起業の第一歩を踏み出せる
脱サラ起業支援プログラム「起業小学校」

【注目!】「コンサルタントで起業するノウハウ」を【完全無料】でプレゼントします



北海道札幌の起業コンサルタントが起業 相談に対応します。初回メール相談は無料です。お気軽にご連絡ください。

起業相談はこちらから→http://kigyo-support.supportx.jp/contact/