このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【サラリーマン起業のワナ 起業 相談】フランチャイズなら脱サラ起業して成功できる?
Share on Facebook

札幌で脱サラ起業成功を応援している起業サポーターの宇山です。

今回は、「フランチャイズなら脱サラ起業して成功できるか」というテーマについて考えてみたいと思います。

自分で事業を運営したことのないサラリーマンにとって、フランチャイズで脱サラ起業するというのは、考えてみるべき選択肢かもしれません。

フランチャイズとは何でしょうか。

簡単に言うと、お金を出してビジネスのノウハウを教えてもらうことです。

フランチャイズには、さまざまな業種があります。コンビニなどの小売業、ラーメンやハンバーガーなどの外食業、学習塾やクリーニングなどのサービス業などが代表的なところでしょう。

ほとんどの業種が一般消費者を相手にするBtoC型のビジネスです。

フランチャイズとして脱サラ起業する場合、フランチャイズ本部に加盟金を払って始めることになります。さらに、毎月の売上からロイヤルティと呼ばれる費用も払うのが一般的です。

フランチャイズを始める場合に注意することですが、まず第一にまとまった開業資金が必要になることです。開業資金の内訳としては、上記の加盟金や保証金といったフランチャイズに関する資金のほか、お店や設備といった初期投資、材料や人件費、広告費といった運営費が必要です。

フランチャイズの場合、仕入れ、技術、オペレーションなどビジネスに必要となるノウハウについては、本部から指導してもらえます。必要に応じて研修をしてくれたり、開業後も本部に相談できるフランチャイズもありますので、その点は安心かもしれません。

しかし、フランチャイズで脱サラ起業する際にもっとも注意すべきことがあります。それは、「フランチャイズ加盟」イコール「成功の保証」ではないということです。

フランチャイズのビジネスモデルをよく考えてください。本部としては、加盟金をもらうことによって利益を得ています。極端に言えば、加盟した起業者がその後どうなっても、本部としては損しない仕組みなわけです。

もちろん、本部としては加盟店が失敗ばかりしていると、新しい加盟店が増えないことになりますから、研修や指導などによってバックアップはしてくれるでしょう。

ただし、毎月の売上を確保して利益を出すのは、基本的に加盟店の責任になります。商品の品質や加盟店の努力という内的要因のほか、市場環境や景気の変化という外的要因についても、加盟店は経営責任を持つことになります。

つまり、フランチャイズに加盟しても、成功できるかどうかは100%自分の責任ということです。この点を安易に考えて、「有名なフランチャイズだから」とか、「本部がサポートしてくれるから大丈夫」といった甘い考え方で手をだすと、失敗するリスクも大きいと言えるでしょう。

フランチャイズといえども、自分ひとりでゼロから起業するのと同じくらいの気構えで始めることが肝心です。

こちらもご覧ください
「営業も新規事業も経験ないのですが…?」
そんなあなたが起業の第一歩を踏み出せる
脱サラ起業支援プログラム「起業小学校」

【注目!】「コンサルタントになる方法」を【完全無料】でプレゼントします



北海道札幌の起業コンサルタントが起業 相談に対応します。初回メール相談は無料です。お気軽にご連絡ください。

起業相談はこちらから→http://kigyo-support.supportx.jp/contact/