このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【サラリーマン起業のワナ 起業 相談】スキルがあれば脱サラ起業で成功できる?
Share on Facebook

札幌で脱サラ起業成功を応援している起業サポーターの宇山です。

今回は、「スキルがあれば脱サラ起業して成功できるか」というテーマについて考えてみたいと思います。

サラリーマンから脱サラ起業する場合、これまで自分が身につけてきたスキルを元手に起業するという方法があります。

営業をしてきた人ならセールスやマーケティングのスキル、経理なら会計や税務のスキル、人事なら採用や労務管理のスキル、エンジニアなら設計のスキル、という具合です。

脱サラ起業を考える人の場合、ほとんどの人は自分のスキルに自信を持っています。職場を見渡しても自分より仕事のできる人はいないし、独立すればもっとお金をもらえるはずだ、という考えに基づいて起業することになります。

確かに、高いビジネススキルを持っていることは、価値のあることです。しかしながら、脱サラ起業する場合には高いビジネススキルを持っているということが、大きな落とし穴になる場合もあります。

例えば、あなたは優秀な営業マンであるとします。営業成績もダントツで、社内からもトップセールスマンとして一目置かれています。回りには、自分の半分も売り上げていないような、できない営業マンがたくさんいます。

「こんなやつらと一緒じゃ、俺の給料も上がらないよな……。よし、脱サラして起業するか。そうすれば自分の売った分だけ稼げるってもんだ」

本当にそうでしょうか。

もしあなたが優秀な営業成績を収めていても、それはすべてあなた自身の力で達成したと言えるでしょうか?

そうではないですよね。会社というところは分業になっています。商品の製造、仕入れ、物流、経理などのプロセスを、それぞれのプロが責任を持って遂行しています。そのおかげで営業マンは安心してセールスをすることができるのです。

また、会社の信用も営業にとっては重要です。あなたがお客さんに話を聞いてもらえるのも、会社の名刺があるからかもしれませんよね。

会社を辞めて独立起業した場合、商品を作って、それを販売して、お金を回収するまでのプロセスを、自分がすべて責任を持ってやらなくてはなりません。サラリーマン時代のように、自分が得意なことだけすればいいわけにはいきません。

また、会社の看板もなくなりますので、信用も一から築いていかないといけません。いままで普通に会ってくれたお客さんも、独立起業してから付き合ってくれるかは未知数です。

脱サラして起業するということは、経営者になるということです。ビジネスを創り出してマネジメントするというスキルがないと、成功は難しいといえるでしょう。

こちらもご覧ください
「営業も新規事業も経験ないのですが…?」
そんなあなたが起業の第一歩を踏み出せる
脱サラ起業支援プログラム「起業小学校」

【注目!】「コンサルタントになる方法」を【完全無料】でプレゼントします



北海道札幌の起業コンサルタントが起業 相談に対応します。初回メール相談は無料です。お気軽にご連絡ください。

起業相談はこちらから→http://kigyo-support.supportx.jp/contact/